So-net無料ブログ作成

「ギャンブラー」思考と「スロッター」思考 [語り]

眠れないので、少々戯言でも・・・

オレは公言している通り、自らを「ギャンブラー」と自負している。
今はスロットを毎日打っていますが、根本は「スロッター」ではなく「ギャンブラー」だと思っています。

では、「スロッター」と「ギャンブラー」ではどう違うのか?
少し述べてみます。

例えば、スロを打っていて純Aタイプの設定6を掴んだ場合・・・
○「スロッター」の思考
設定6なんだから、全ツッパだ!
もし今日の結果がマイナスでも期待値はプラスだし。
閉店までヤメるのはあり得ないよ!
多くのプロと呼ばれる「スロッター」こう考えると思う。
 
○「ギャンブラー」の思考
例え設定6でも負けるコトは十分あり得る。
ギャンブルとはタイミングを読む勝負である。
長い目で期待値を追えばプラスだろうけど、明日以降にまた掴めるとは限らない。
ある程度のプラスになったら退き際をシッカリするべきなので、常にヤメ時を考えるのは当たり前!
少なくても「ギャンブラー」を自負するオレはこう考えている。

「スロッター」は確率論を重視し、長い目で勝負を見る傾向が強い。
逆に「ギャンブラー」はその日その日の勝負をプラスにするコトを考える傾向が強いのである。

そして麻雀やルーレット、ブラックジャックやポーカーなどの所謂「ギャンブル」と呼ばれる行為で、一般的に言われる『流れ』という目に見えないモノを重視するのが「ギャンブラー」なのである。

スロットは機械との勝負なので流れなど読むべきではないのかのしれない。
しかし、スランプグラフの波がある以上は流れはあると考えているのがオレの思考です。
まぁ「完全確率でそんなもん存在しない!」と言い切られても、それを正解とは捉えない思考の持ち主は「スロッター」ではなく「ギャンブラー」なのではないかと思うワケですw

あなたは「スロッター」思考ですか?
それとも「ギャンブラー」思考ですか?


nice!(0)  コメント(11) 

nice! 0

コメント 11

n,wide.light

んー
情けないですが自分はどっちつかずです。
札等、外部からの情報で、payout100超えている事が分かったら終日打てば勝てるという意識ですが。
打ち始めるとヤメ時・波・流れ・メーカーの個性を気にしています。
常に自分の読みに対して不安を抱いているので、その時その時の精神(メンタル面)を落ち着かせる為にも、状況に応じて、と言うよりは「勝手に良い解釈」の方向を優先してしまっています。
常に不安でいっぱいなもので。。。

でも、1つだけ自分が優秀だなぁと思えるものが、その逃げ腰で弱気な所だとも思っています。
自分の場合、強気で打ってたら確実に破産してますからw
by n,wide.light (2007-06-18 07:30) 

n,wide.light

あっ
ちなみに色矛盾がNGになる要因は
「打ち手側に嘘を教えた事になるから」
だそうですw

ギャンブルを取り締まる偉い人が、去年、新しくなって、その人が元「マル暴」の取り締まりの偉い人だったらしく。
だから、びっくりするくらい厳しくなったそうです(汗
by n,wide.light (2007-06-18 07:37) 

座長

おはよ~ございます。

出来ればスロッタ~思考になりたいですが、時間に制限があるのでどっちつかずってとこでしょうか?

打っているときは流れを見てやめなきゃ~なんて思っているのですが高設定、特に6の挙動があるときはついつい・・・攻めて失敗ってもよくある話です。

でもいい質問ですな。
by 座長 (2007-06-18 08:57) 

ohshi

>n,wide.lightさん
どっちつかずも全然アリだと思いますよ。
大多数の人はそうだと思いますし。
読みへの不安は多分誰しもが持っているモノかとw
オレも自分の読みに自信が持てる時って、そう多くはないです(´・ω・`)
逃げ腰っていうのは言い方を変えれば、慎重ってコトですからねw
だから、一歩引いたトコロでアツくなり過ぎずにスロを打つのは重要なコトだと思います。
種銭にかなりの余裕があれば、スロッター思考で全ツもありだと思いますが・・・生活をしている以上、他の出費で種銭に不安がある人がほとんどですしねw

色矛盾の解釈がちょっとアレですね(´д`A``
「ギャンブルを取り締まる偉い人」の考えることはよう判りませんねw
日本の上層部は規制するべき論点がズレているのコトが多々あって、高確率で問題解決に繋がらないから今のダメダメな社会が出来ちゃったんだと思ってます。
もう少し、上層部のTOPにその道の専門家を据えるべきだと思うんですけど・・・日本は如何せん意味不明な人事が横行している法治国家風味な国ですたい('A`)
by ohshi (2007-06-18 14:09) 

ohshi

>座長さん
「スロッター思考」でありたいと思うのが「スロッター」ですw
しかし仕事を持っている以上、時間の制約を受けてしまい、なり切れない人が過半数かと。
どっちつかずってのも全然アリだと思いますよ。

設定6の挙動のときは台を離したくないと思うのも当然です。
勿論結果はどーあれ、設定6を打ったことに満足を感じる人は「スロッター思考」と言えると思ってます。
オレは設定6を終日打っても負けたら意味がないと思うので、「ギャンブラー思考」なんですよw
by ohshi (2007-06-18 14:16) 

田中正造

ちなみにこれまでは、色はナビではない(黄色は黄色で、=ベルじゃない)っていう理由付けで通してきたはず。

今までの5号機は裏技的なものが多いから(リプパンハズシとか)、これから色々制限されたり変わったりするかも。
でも、スロに利権がある限り完全に叩き潰すようなことはしないから、のんびり見ているのが良いかとw



スランプグラフの最後まで打ち切ろうとするのがスロッター、グラフの頂点を見つけてヤメようとするのがギャンブラー。
考え方が違っても、どちらも朝から晩まで高設定を打つのは一緒だし、大差は無いかなと思ってたり。

俺に当てはまるのは…「逃げ腰で弱気」w もう少し攻めろって感じかもw
でも、このほうが俺のような下手でも長生きできるようですw



と、いつも(・∀・)ばかりだからたまにはマジレスしてみましたw
by 田中正造 (2007-06-18 22:38) 

ohshi

>田中氏
そんな規制があったとは・・・。
コレからはまた色々な規制が出てくるのは予想できるねw
やっぱコレからは裏モノに期待するしか(ry
まぁ黙って傍観してるよw

あんまり大差はないかもー。
でも「ギャンブラー」は確定台であっても捨てるよw
閉店まで打ち切るコトにさほど意味を感じないからね。

確かにオレを上回る「凄い弱気」っぷりだわ。
それが功を奏するコトもあるのは事実。
今の自分に満足しているのであれば、変える必要はないんじゃないかな?
by ohshi (2007-06-18 23:42) 

どうも、ご訪問ありがとうございました。
本日は仕事で、徹夜明けになっちゃいました(+_+)
私は、スロ、パチについても、流れを重視したギャンブラー派です。過去、6を掴んでぶん回し、途中で降りられなくなって、負けたことが何度あったか・・・。(→単なる引き弱?)
負けを出来るだけ少なく(回数では無くトータル金額)、流れに乗ったとき、勝ちを出来るだけ大きくする(→とことん勝負)という立ち回りがベストと思っています。
でも、私のスロ成績は10年以上マイナスなので、この逆のほうがいいかもしれませんが・・・
by (2007-06-19 05:39) 

ohshi

>yamanekoさん
いえいえ、こちらこそ。
「ギャンブラー」派ですかぁー!
オレも設定6で爆死経験なら、かなりありますよ('A`)
流れに乗ったときに毟るだけ毟るのはギャンブルの鉄則ですよねw
逆に落ち目には一歩退いて薄く張るコトも重要ですよね!

10年間マイナスですか・・・(´д`A``
今年は5号機時代になり、負けにくい機種もチラホラ出始めていますから、年間TOTALプラスを目標に頑張ってください(・∀・)
by ohshi (2007-06-19 17:17) 

コーリー

ohshiさんこんばんは☆
過去の日記にまでコメント書かせて
いただいてすいません。

非常に興味深い内容ですが、私もれっきとしたギャンブラー
派です。確かに、5号機では特にですが、設定6を5000回転させたのと、9000回転させたのでは、どれだけ期待収支が変わってくるのかはわかっているのですが、終日回していい結果がついてきたことより、途中でやめとけばよかったと思うことの方が多いですもんね。

ギャンブラー派にとっては、とにかく初あたりを早く引く
ことが大事ですよね。
以前は、ニーマルで早いうちの赤7(ロング継続)→通常BM後即やめというやり方で、かなり勝っていましたが、
最近は初あたりが重過ぎて勝てなくなっちゃいました。
by コーリー (2008-01-21 03:29) 

ohshi

>コーリーさん
いえいえ、コメ残したい時は過去の記事とか関係なく書いちゃっておkですよw

コーリーさんはスロッター派ですかー。
長い目で見た場合、期待値を稼ぐというのは重要なコトですもんね。
しかしコーリーさんが体験しているよーに途中でヤメれば良かったと思うコトが多々あるので、オレはギャンブラー派なんですよー。
見えない未来より、見える現在を大事にするって言えばいいんでしょかねw

そ-ですね、ギャンブラー派にとっては早くボーナスを引くコトは重要になってきますね。
『2027』は波の荒い部類に分類されると思うので、収支は暴れるモノだと思います。
立ち回りとしては全然おkなので、継続して試行G数を増やすのがスロッター派としては正しいかとw
by ohshi (2008-01-21 07:42) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。